So-net無料ブログ作成

第2国立劇場のギャラリーへ [日常]

IMG_3592のコピー.JPG
先日、東京初台のオペラシティーギャラリーヘ行きました。

オペラシティーと言うよりも、「2国・にこく」と言った方がピンとくる世代です。
私は学生時代だったと思いますが、皇居前の国立劇場が伝統芸能の劇場で、オペラ等の洋の芸能を行う劇場を初台につくるという事で設計競技が行われ、竹中工務店が設計を取りました。

設計者は柳澤孝彦氏で、競技後に竹中から独立してTAKを設立して、オペラシティの後も木場の東京都現代美術館なども設計しています。氏は2017年に死去しています。

「にこく」の現場事務所では模型屋さんが常駐して、大規模な計画にもかかわらず1/50で模型を作りスタディして進めていたのを見聞きしていました。

同時期に設計された品川プリンスのタワーが「にこく」のタワーとデザイン的に類似していますが、竹中〜柳沢氏のの関係からなのでしょう。
「にこく」の現場事務所では「どんどんスタディ模型作っても終わりがみえない・・」とスタッフが言っていたとか・・

ちなみに、千代田区の国立劇場も竹中工務店の設計です。

IMG_3590のコピー.JPG
劇場のアプローチは柳沢氏の代表作の真鶴の中川一政美術館を大きくした雰囲気です。

IMG_3521のコピー.JPG
円形のサンクンガーデンには巨人の彫刻がありました。

IMG_3587のコピー.JPG
巨人の見上げる先にある窓の中が東京オペラシティーアートギャラリーです。
このあと、ジュリアン・オピー展(20190923まで)を見にはいります。
nice!(32) 
共通テーマ:住宅