So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

バスクの田舎町の施設とウルダクス修道院 [スペイン建築旅行]

IMG_4378.JPG
スペイン建築旅行も終わり間近。
バイヨンヌ空港への田舎道の途中で見つけた建築ですが・・・

IMG_4382.JPG

Nao_IMG_1936.JPG
何かの競技場でしょうか?
あるいは家畜の競り場でしょうか?

IMG_4387.JPG
手前のウルダクス修道院も見て廻りました。こちらの方が観光名所です。

IMG_4345_M2.JPG
山道を行くと、どこでも羊たちに出会います。
nice!(20) 

良い間取り 悪い間取り に記事提供 [雑誌・メディア掲載]

img20181210_07435089.jpg
今日も早くも金曜日です。

さて、エクスナレッジから出版の「良い間取り 悪い間取り」がザ・ハウスさんの企画で発売されました。当事務所からも2つの住宅の間取りを提供しています。

完成に至った間取りと、それを作る過程で作成され、ボツになった案を見比べるというタイプの記事です。全部で96の実例間取りが出ています。

全国の書店で是非!

http://xknowledge-books.jp/ipscs-book/BooksApp;jsessionid=7516065A235C92EDB3C3DE2EFF060569?act=book&isbn=9784767825564

IMG_8417.JPG

石川淳建築設計事務所

nice!(30) 

洋裁アトリエ [仙台のハコノオウチ14]

12_IMG_7253-2.jpg
お店の奥の洋裁アトリエです。
ここで創作されたものがお店に飾られます。

20_IMG_7210.JPG
こちらは入居前のようす。
壁際のカウンター机は建築工事で作り付けました。

石川淳建築設計事務所
nice!(32) 

お店の様子のつづき [仙台のハコノオウチ14]

08_IMG_7265-2.jpg
1階アトリエ店舗の様子、続きです。

入り口廻りも素敵に飾られていました。

09_IMG_7263-2.jpg
ステンドグラスが馴染んでおりました。

石川淳建築設計事務所
nice!(35) 

1階の入居後の店舗 [仙台のハコノオウチ14]

05_IMG_7256-2.jpg
1階のアトリエが店舗になった様子です。

完成お引き渡しした後、数ヶ月後に訪れましたら素敵なお店に変身していました。
店舗内のレイアウトや什器などはお施主様ご自身によります。

11_IMG_7266-2.jpg
見返しの店舗の奥方向の様子です。
奥の開口の先に加工作業を行うアトリエがあります。

石川淳建築設計事務所
nice!(31) 

1階店舗の入居前写真・既存ステンドグラス [仙台のハコノオウチ14]

14_IMG_7200-2.jpg
仙台のハコノオウチの1階のアトリエ部分の竣工時の写真です

床はモルタルに白の防塵塗装をしていて、真鍮目地棒を田の字型に入れています。

15_IMG_7202-2.jpg
こちらは既存の建物に有ったステンドグラス。
シンプルで素敵な窓なので移植して使う事に。

石川淳建築設計事務所
nice!(33) 

ビアリッツの街 [スペイン建築旅行]

IMG_4245_M2.JPG
週末は2017年に行ったスペイン建築旅行の様子から。

といっても写真はフランスのピアリッツの街です。
バスク地方の海辺の都市で、ビスケー湾を一望できます。

ビアリッツアングレバイヨンヌ空港が近くにあり、帰路に使う空港を下見しつつ、街を見て廻りました。

IMG_4243_M2.JPG
サーフィンが盛んな場所だそうです。

Nao_IMG_1900.JPG
天然の岩の間に防波堤を築いた港がありました。

IMG_4252_M2のコピー.JPG
海の中の城のようでデザイン的にも面白いと思い撮影しました。
結構荒れた波なのに港の中は静かなもの。

IMG_4251_M2のコピー.JPG
港を見下ろす歩道のフェンスも素敵です。
「製品」ではなく、オリジナルの制作もののように見えます。
景観を大事にするフランスらしい一品です。


IMG_4268_M2.JPG
町中の水道もデザインされています。

IMG_4270_M2.JPG
車止めと立ち水栓は意匠を合わせてありました。さすが。

IMG_4354.JPG
町中で見つけたプジョー205 可愛いステッカー貼り。
nice!(27) 

1階はアトリエ店舗 2階が住まい [仙台のハコノオウチ14]

03_IMG_7288-22.jpg
1階はお施主様の服飾創作アトリエとして設計しましたが、完成後はフロアの半分をお店にしました。
防火指定が無かった事からドアは特注オーダー木製で作れました。

04_IMG_7212-2.JPG
完成時のドアです。
石川淳建築設計事務所としては珍しい飾りのスチール枠をつけたドアです。
色々なパターンをお施主様と相談して決まりました。

ドアハンドルもロートアイアン仕上げの物を採用しました。

石川淳建築設計事務所
nice!(33) 

新 ハコノオウチ14 仙台のハコノオウチ [仙台のハコノオウチ14]

01_IMG_7273-22.jpg
今日からはこの秋に仙台で竣工したハコノオウチ14の写真をUPしてゆきます。

1階は趣味のためのスペースで2階が住戸になっていて、外観はハコ型のデザインをご希望された事から白く四角いデザインとしました。

近くに公共施設の庭の木々が見えるので、その方向にバルコニーの開口を設けています。



石川淳建築設計事務所
nice!(28) 

10年前に比べて坪単価は10万円は上昇 [1000万円台の切妻の家 OUCHI-42]

IMG_7250-2.jpg
1000万円台の切妻屋根の家 は今日で最終回です。

10年前頃と比べて2018年では25坪程度の木造住宅の工事費は10万/坪は上がった印象です。さらに、準防火地域以上だと防火サッシュの使用が必要で、数年前の値上がりの影響で4万/坪程度が上乗せです。消費税も5%時代から3%増しになっているので1.8万/坪上乗せです。

という事で、事務所開設当時は1500万円で25坪の2階建て住宅を作れていたのに、現在では同じ1500万円の予算だとしたら、19坪程度が限界です。

さらにOUCHI-42の敷地は「新防火地域」になっていて、以上のUPの上にさらに準耐火建築物にしなければならないというコストも上乗せされます。

今回はご夫婦お二人住まいという事で面積をコンパクトにできた事と、お施主様の合理的な判断や思考があって実現できました。また、工務店さんの出血サービス価格も大きなポイントです。

ということで、厳しい時代ですが、皆様のご依頼に答えられるように日々戦いです。

石川淳建築設計事務所



nice!(33) 
前の10件 | -