So-net無料ブログ作成

清春芸術村内 茶室 徹 [旅行]

IMG_7565.JPG
吉田先生と行った建築バスツアー最終回です。

山梨の清春芸術村内にある茶室 「徹」です。
ご覧の通りズバリ設計者は建築史家の藤森照信氏です。

哲学者の谷川徹氏を記念して建築されたそうです。
内部は残念ながら未公開


IMG_7566.JPG

建築家の吉田研介先生が発起人で十数人の建築家と1大のバスで出かけた建築ツアー。
楽しくすごせた貴重な経験となりました。

nice!(35) 
共通テーマ:住宅

清春芸術村内 白樺図書館 [旅行]

IMG_7571.JPG
吉田研介先生と行った建築バスツアーです
山梨県の清春芸術村内にある白樺図書館

この日は閉館していましたが、国語か社会で習った、雑誌「白樺」の復刻版や白樺派ゆかりの作家による文学書を所蔵しているとのこと。

図書館長は長谷川俊太郎氏。




nice!(31) 
共通テーマ:住宅

清春芸術村内 エッフェル塔階段 [旅行]

IMG_7560.JPG
週末は建築家の吉田研介先生と廻ったバスツアーの様子から。

山梨県内の清春芸術村にあるエッフェル塔の階段です。
塔完成100周年の1989年に階段の一部がフランスより清春芸術村に移設されたそうです。

IMG_7561.JPG
傍らに立つ彫刻は現代美術家のセザール氏によるエッフェルの象だそうです。

IMG_7568.JPG

nice!(27) 
共通テーマ:住宅

清春芸術村内 光の美術館外観 [旅行]

IMG_7567.JPG

土曜日はあいかわらず清春芸術村へ建築家の吉田研介先生と行ったバスツアーの様子です。

園内の安藤忠雄氏設計の光の美術の外観です。
左の出隅が切れて三角形になったハイサイドライトから採光していました。
明解なコンセプトでさすが安藤忠雄氏です。

雨が漏らないように作るのが意外と難しい形状の窓ですから、我々あたりですと、なかなか手を出せない形です。

手前に見える黄色い階段はエッフェル塔の階段の一部を移築したそうです。
nice!(31) 
共通テーマ:住宅

清春芸術村内 光の美術館 [旅行]

IMG_7557.JPG
清春芸術村内の安藤忠雄氏設計の光の美術館です。

小さな美術館ですが、人工光を用いず、自然光のみで採光をとっている建物だそうです。
外観は当然ですが打放シ仕上げ。

IMG_7558.JPG
受付部分です。

室内は撮影禁止でしたが、作品の写らない受付部分はOKとのこと。
開館時間は10時から17時です。
nice!(24) 
共通テーマ:住宅

ルオー礼拝堂室内 天井採光 [旅行]

IMG_7546.JPG
山梨県にある清春芸術村内の谷口吉男氏設計のルオー礼拝堂のつづきです。

天井は軽やかなヴオールトで周囲の壁に柔らかな光が主役の空間を作り出していました。

「明」と「暗」が上手く使われています。

さすが。

IMG_7548.JPG

採光の仕掛けをチェック。
ハイサイドライトを用いているようです。
nice!(34) 
共通テーマ:住宅

ルオー礼拝堂室内へ [旅行]

IMG_7545.JPG
谷口吉男氏設計のルオー礼拝堂の室内です。

木製ドアで入ると。

IMG_7547.JPG

コンパクトながら美しい自然光の入る礼拝堂が表れました。
nice!(31) 
共通テーマ:住宅

谷口吉男氏設計のルオー礼拝堂 [旅行]

IMG_7549.JPG
今日も金曜日。ですが、週末ネタで。
清春白樺美術館横のルオー礼拝堂、設計は谷口吉生氏です。

ちいさな礼拝堂はひっそりと建っていました。
案内図の4番に位置していて、左隣には安藤忠雄氏の光の美術館があります。

img546.jpg
nice!(31) 
共通テーマ:住宅

谷口吉男氏設計のルオー礼拝堂へ [旅行]

IMG_7534.JPG
吉田研介先生と巡る甲府建築バスツアーの様子は清春白樺美術館横のルオー礼拝堂へ移動します。
右の清春白樺美術館の左先に見えています。

設計は清春白樺美術館と同じく谷口吉生氏

nice!(32) 
共通テーマ:住宅

清春白樺美術館 アルコーヴ [旅行]

IMG_7539.JPG
清春白樺美術館の外観の特徴である硝子シリンダーの中側です。

室内からはアルコーヴのように光あふれるコーナーとして見えます。

IMG_7541.JPG

次は隣りにある同じく谷口吉生氏設計のルオール礼拝堂へ移動します。
nice!(28) 
共通テーマ:住宅