So-net無料ブログ作成
検索選択
コルビジェ見学ツアー ブログトップ
前の10件 | -

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸13 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0036.jpg
サヴォア邸の2階、引き違いの扉のある作り付けの収納です。

引き違いの文化は東洋の物のように思っていたので、初めて見たときは意外でした。

PSTT0037.jpg
照明は蛍光灯かリネストラランプ等の直菅型を天井向きに付けて間接照明としているようです。

PSTT0055.jpg
スチールサッシュの押渕無目が綺麗。昔はこのようなスチール折り曲げのサッシュを普通の集合住宅でも見られた物です・・・


PSTT0054.jpg
カーテンレールは壁の厚みを利用して納めています。

PSTT0053.jpg
あこがれの空中庭園。

さて、サヴォア邸への訪問を伝える回は今回でおしまいです。
次は何にしようか・・・



石川淳建築設計事務所

nice!(21) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸12 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0039.jpg
サヴォア邸のディテール写真。

旅行当時に気になったところを撮影したカットです。
今行ったらまた違うところに興味が出ていたかもしれないですが・・・

ここで注目する綺麗な屋上の手すり壁ですが、床からの立ち上がりに防水の立ち上がりが見えないことが美しいポイント。
PSTT0042.jpg
こちらはリビングの大型引き戸と屋上テラスの敷居のようす。
立ちあがりがないので、綺麗です。
水返しをどうするかは建築の永遠の課題ですね〜。

PSTT0041.jpg
大型引き戸のガラスの映り込み。

PSTT0040.jpg
雨じまいがあっさりしているので、とても綺麗です。
どうも、建築を仕事にしてしていると、この点をどう解決したかに気になります。
笠木らしきものも無いのでミニマルに収まっています。
PSTT0038.jpg
こちらは屋上へ出るドアの足下。
ここはドア下にハカマをはかせた雨対策がしてありました。
nice!(24) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸11 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0022.jpg
サヴォア邸2階のリビングから外部を見ます。

PSTT0023.jpg
右の屋根のかかっている屋外はアブリと呼ばれるスペースで、雨かかりが無いようになっています。
また隣接する左の部屋の中はブドワと呼ばれる婦人用の娯楽室です。

PSTT0025.jpg
空中庭園の植え込みと天窓のおさまり。
我々の感覚からすると雨漏りの心配から出来ないデザインです。

PSTT0024.jpg
こちらは屋上のソラリウムと呼ばれる日光浴場の囲いかべ。
裏側はリブで剛性をとってました。
図面だけではわからなかったディテールで、現物を見て理解できました。

PSTT0026.jpg
こちらも屋上から2階の空中庭園を見下ろした様子。
外壁の横スリット窓と、裏側を支える柱やリブ状の梁が見て取れ、学生時代からの疑問が解けた瞬間でした。

石川淳建築設計事務所

nice!(25) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸10 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0027.jpg
サヴォア邸の天窓を外から見た様子です。

立ち上がりは低めで、ガラスは片流れで端部はガラス小口を見せていました。
屋根は砂利敷き込みとなっていますので防水の仕上げは見えず、ですが竣工した頃は漏水に悩まされていたそうです。

PSTT0034.jpg

室内から見上げる天窓の様子。
空が綺麗に見えていますが、基本的にはどの天窓も、天井面から深さをとり、ガラス面が見えないようなデザインとなっていました。



石川淳建築設計事務所

nice!(27) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸09 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0044.jpg
サヴォア邸2階の主寝室のサニタリー。

学生時代に図面をもらって模型を作りましたが・・
当時カラーの写真なども無く、作りながら一体どんな部屋なのかピンと来ませんでした。

PSTT0045.jpg
柱と梁が壁に呑まれずに出ているところがポイント。
壁で保たせる当時の建築の中では画期的な事だったでしょう。
構造体とプランを関係無く構成できるという訳です。

当時学生の私は、「なんで壁と合わせないんだろう?」と漠然と不思議でした。

PSTT0043.jpg
浴槽と寝室の仕切りの立ち上がりは安楽椅子になっています。

モデルは1999年当時に同僚のS嬢です。

PSTT0033.jpg
浴室内部から主寝室を見返します。
水色のタイル貼りの浴槽が素敵でした。

nice!(20) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸08 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0014.jpg
サヴォア邸の2階廊下です。

「息子の部屋」へつながる廊下の突き当たりには天窓があります。

PSTT0016.jpg
天窓は結構深く立ち上がっていて、ガラス面が見えないようになっていました。


PSTT0019.jpg
壁の塗装は入隅で白と青に塗り分けられています。
ふたつのドアが袖壁無しで対峙しています。

PSTT0017.jpg
室内の様子。
茶色の壁が印象的でした。

PSTT0018.jpg
窓下の放熱器の上にはカウンターが造作で付いています。

PSTT0020.jpg
ドア枠のディテール。
微妙に壁より引っ込んだ「逆チリ」。
nice!(21) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸07 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0011.jpg
1階から2階へのスロープです。

PSTT0012.jpg
手すりは黒で壁は白。床は黒寄りのタイル貼り。

PSTT0013.jpg
斜めのスロープと水平のサッシュとスロープを支える柱が混在していますが、案外とスッキリ見えました。設計者としてはスロープの途中に柱は入れたくないのが普通の気持ちですが、当時の工法からの必要性なのか、それとも柱をグリットで建てることを優先したのか。


石川淳建築設計事務所

nice!(25) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸07 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0008.jpg
こちらはサヴォア邸1階の使用人用の部屋の窓。
運転手さんの控え室やメイドさんの作業室で、窓のそとには敷地の入り口方向が見え、来客や家主がやってくるのが見えるような部屋配置になっていました。

PSTT0009.jpg
こちらは2階へのスロープが垣間見れたところ。

PSTT0010.jpg
使用人室の水道流しです。

PSTT0006.jpg
螺旋階段を上がっていよいよ二階へ。

石川淳建築設計事務所

nice!(26) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸06 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0065.jpg
サヴォア邸の一階ガラス壁の外側です。
大学二年の夏休み(もう24年も前・・)の課題でサヴォア邸の1/50の模型を作りました。
そのため、細部の様子は図面上では知っていたのですが、実際見るのは初めて。

このアールのガラス壁、学生時代は「アールにそってシャッター見たいに開くのかな?」と素朴に疑問に感じていました。

無知でございました。

PSTT0066.jpg
梁せいの大きいところは軒天井下にはみ出しています。

PSTT0067.jpg
このドアは使用人用の通用口

PSTT0005.jpg
内側はこんな風。
スチールの製作サッシュはとても繊細で綺麗です。

石川淳建築設計事務所

nice!(25) 
共通テーマ:住宅

1999年コルビジェを訪ねた旅・・サヴォア邸05 [コルビジェ見学ツアー]

PSTT0056.jpg
サヴォア邸の入り口側です。
メインの入り口は敷地入り口から反対側にあり、2階建物のボリューム下のピロティ部分は車寄せでもあり、エントランスのポーチでもあります。

PSTT0057.jpg
こちらがエントランス。曲面壁面にエントランスドアがあります。
当時はたしかここでチケットを買って入ったような記憶があります。

石川淳建築設計事務所

nice!(27) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - コルビジェ見学ツアー ブログトップ