So-net無料ブログ作成
検索選択
ポルトガル建築見聞 ブログトップ
前の10件 | -

ポルトガル建築見聞・万博ポルトガル館 夜景 [ポルトガル建築見聞]

お知らせ・石川淳建築設計事務所は12月28日から1月6日まで休業となります。

IMG_0829.JPG
今年最後のブログ記事はリスボン万博のポルトガル館の夜景です。
そして、ポルトガルの建築を見た旅の記事も今日が最終回です。

IMG_0830.JPG
夜の港に大屋根が幻想的にライトアップされていました。

IMG_0831.JPG

IMG_0832.JPG

石川淳建築設計事務所

nice!(28) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・万博ポルトガル館 [ポルトガル建築見聞]

お知らせ・石川淳建築設計事務所は12月28日から1月6日まで休業となります。
IMG_0853.JPG
ポルトガルの建築を巡った旅も最後。
オリエンテ駅から歩いて98年に行われたリスボン万博のポルトガル館へ。

アルヴァロ・シザとソウト・デ・モウラの共同設計のパビリオンです。
魅力的な屋根をやっと現地で見られました。昔GAで見てから、いずれ現地で本物を見たいと希望していました。

IMG_0874.JPG


IMG_0875.JPG

IMG_0877.JPG
屋根のたわみがとても良い緊張感です。

IMG_0858.JPG
側面は緑色のタイル貼り。

IMG_0854.JPG

石川淳建築設計事務所

nice!(33) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・オリエンテ駅 [ポルトガル建築見聞]

IMG_0821.JPG
ポルトガルで建築を訪ねた旅も終盤で、リスボンの表玄関のオリエンテ駅に戻ってきました。

オリエンテ駅の設計はサンティアゴ・カラトラーヴァ。
構造美が際立ちますが、夜景はさらに美しいです。

IMG_0822.JPG

IMG_0844.JPG

IMG_0843.JPG
地下(1階かも)の通路のようす。

建築はすばらしいですが、スリが多い駅なのでご用心を。

石川淳建築設計事務所

nice!(25) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・アヴェイロ大学へ06 [ポルトガル建築見聞]

IMG_0796.JPG
給水塔ディテールです。
足元は水盤になっていて、メンテナンス用の人通口まで波形通路がつながっています。(撮影時は水盤に水はありませんでした)

IMG_0798.JPG
円筒と壁柱をつなぐスチールパイプ。

IMG_0806.JPG
コンクリートのピーコンは向こう側に抜けています。

IMG_0808.JPG
人通口に空いた丸穴

IMG_0809.JPG
下にあったマンホールのフタ。
大学の名称が入っていて、びっくり。日本ならこんなところは既製品ですませますが、こだわりを感じます。

石川淳建築設計事務所

nice!(23) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・アヴェイロ大学へ05 [ポルトガル建築見聞]

IMG_0790.JPG
アヴェイロ大学の給水塔です。
以前から見たかった給水塔が見えてきて、感激!

キャンパスの端の方にあって、しかし、シンボリックに立っていました。


IMG_0791.JPG


IMG_0793.JPG
nice!(24) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・アヴェイロ大学へ04 [ポルトガル建築見聞]

IMG_0779.JPG
ソート・デ・モーラ棟を出て、もう一つの棟の外観を拝見。

IMG_0782.JPG

IMG_0785.JPG
そしていよいよ。

IMG_0783.JPG
給水塔が見えてきました!
nice!(23) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・アヴェイロ大学へ03 [ポルトガル建築見聞]

IMG_0787.JPG
ソート・デ・モーラ氏設計の棟へ屋根のある回廊を通って移動します。
IMG_0768.JPG
ソート・デ・モーラ氏はアルヴァロ・シザ氏の弟子にあたる建築家とのことで、同時に作品を見られたので、とても良い刺激となります。

IMG_0770.JPG
中はご自由にどうぞ、と言われて(ポルトガル語がわかる訳ではないですが・・)共用部分は自由に見て歩きます。

IMG_0771.JPG

IMG_0775.JPG

IMG_0776.JPG

IMG_0777.JPG
クリスマスシーズンに訪れたので、学生は休みのようです。

nice!(25) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・アヴェイロ大学へ02 [ポルトガル建築見聞]

IMG_0755.JPG
アヴェイロ大学の図書館です。
この写真は短手側のエントランス側。


IMG_0760.JPG
こちらは大学キャンパスと反対側の面ですが、建物のファサードとしては湖に向かったこちら側のデザインが意識的に作られているようです。
右の折れ曲がった白い壁が庇として機能しています。

コンクリート製に見える薄い板が緊張感を持って折れ曲がっています。


IMG_0758.JPG
キャンパス側からは図書館の2階へペデストリアンデッキでアプローチする形でした。

IMG_0763.JPG
横スリット窓のディテール。
一つのスリットの中に、窓やインナーバルコニーなどが組み合わされています。


IMG_0764.JPG

IMG_0765.JPG
ブリッジと丸柱。

さて、内部は撮影禁止との事で、中の写真はありません。


IMG_0769.JPG
キャンパス内の他の建物と仕上げを共通にしていました。

図書館の守衛のおじさんに、「ソート・デ・モーラ」設計の棟の場所を聞いたところ、親切にその場所まで案内してくれました。
お世話になりました〜。
nice!(27) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・アヴェイロ大学へ [ポルトガル建築見聞]

IMG_0748 のコピー.JPG
ポルトのカンパーニャ駅からオールドトレイン駅(アヴェイロ駅)へ移動しました。
目的地はアヴェイロ大学です。

IMG_0753 のコピー.JPG
駅から歩いて30分ほど(だいぶ遠回りしました)アルヴァロ・シザ氏設計の図書館が見えてきました!
nice!(26) 
共通テーマ:住宅

ポルトガル建築見聞・サンベント駅からカンパーニャ駅へ [ポルトガル建築見聞]

IMG_0490 のコピー.JPG
ポルトの玄関サンベント駅の朝。

IMG_0468 のコピー.JPG
こちらは夕方の様子。
郊外から通勤している人がいっぱいです。

IMG_0469 のコピー.JPG
屋根の硝子が綺麗。

R0010817 のコピー.JPG
駅のホールはポルトガルタイル貼り。
沢山人があつまって、何かイベントが行われるようでした。


IMG_0749 のコピー.JPG
サンベント駅からカンパーニャ駅へ移動して、ポルトをあとにしました。
nice!(26) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - ポルトガル建築見聞 ブログトップ