So-net無料ブログ作成

子供室・将来は間仕切り外して [ハコノオウチ11・O-Factory]

30house_in_yagiri_30.jpg
子供室です。

お子さんは高校生と中学生の男女ですが、いつかは大人になって巣立つでしょう。
その時に備えて、2つの部屋は一つに出来るように引き戸で仕切、さらに廊下とも引き戸で仕切る事で将来は扉を外して広いホール状にできるようにしています。

石川淳建築設計事務所
nice!(36) 
共通テーマ:住宅

廊下に個室を並べて「寮」みたいに [ハコノオウチ11・O-Factory]

29house_in_yagiri_29.jpg
2階のリビングの奧の開口を進むと白い廊下へつながります。

廊下に沿って、2つの子供部屋、奥様の部屋、浴室、御主人の部屋が並びます。
設計打ちお打ち合わせ時の聞き取りで、「廊下にずらっと個室が並んでる感じ」というご希望をいただきました。

以前のお住まいの家には個室が少なく家族それぞれの部屋がありませんでしたので、新居は各人に個室があることがご希望でした。

1階の工房の「寮」みなたいなイメージの個室配置です。



石川淳建築設計事務所
nice!(36) 
共通テーマ:住宅

リビングのテレビの位置 [ハコノオウチ11・O-Factory]

28house_in_yagiri_24.jpg
ハコノオウチ11のキッチンから見渡すリビングです。

タイトルの「テレビの位置」ですが、実はお施主様はテレビを見ません。
ですから、アンテナも無く、実際見られないのですが、設計者としてはテレビを置く場合も一応考えて配線の出し位置など考えて設計します。

この場合正面の壁なのですが、先日お引越後始めてお邪魔する機会がありました。
映画を見るためにテレビを買います、との事でお施主様の考えでは左の壁につけようかとの事。

アンテナはつなげないのでコンセントだけあればOKで、取り付け自体は可能です。

一昔前は多少想定とずれることがあってもテレビの居場所がありましたが、最近はテレビ巨大化のため、設計時想定している位置がその家で一生テレビを置く場所になりかねないです。

想像力を働かせて、位置を考えながらの設計作業です。


石川淳建築設計事務所

nice!(31) 
共通テーマ:住宅

山梨建築めぐり [旅行]

IMG_7380.JPG
数年前に行った山梨の建築巡りの様子を何回か休日にUPします。

2年〜3年まえですが、建築家の吉田研介先生から、気の合う仲間でバスを貸し切ってワイナリー巡りと建築巡りをしましょう、とお誘いを受けて参加しました。

バスの中では吉田先生をはじめとする著名な建築家のみなさんが交互にマイクを取ってこれから見学する建物の解説をしていただける一泊二日の旅です。

で、最初の立ち寄り先は昼食も兼ねて。
保阪猛氏設計の「ほうとう不動」2010年竣工です。

雑誌で拝見していましたが現物は始めて見ました。

IMG_7381.JPG
オバQみたいで可愛らしい建物です。
名物「ほうとう」の白い麺の感じが出ていて納得。

IMG_7386.JPG
正面のRの開口の上には雨が入り口に落ちないように縁取りがされて好印象です。
nice!(33) 
共通テーマ:住宅

現場各々 [現場だより]

IMG_2908-2.jpg
今日も金曜日。

写真は都内で進行中の半地下のある3層住宅。
上棟しまて金物検査の時期が来ています。旗竿敷地での工事ですが、今とのところお隣が更地なのでよく見えています。

IMG_5398-2.jpg
こちらも都内ですが、公園に面した緑豊かな敷地。

IMG_5402-2.jpg
一角で地盤調査を実施しました。

IMG_5156-2.jpg
こちらも都内ですが、既存の解体が行われ、土地が引き渡されました。
小さなローコスト住宅です。


石川淳建築設計事務所
nice!(31) 
共通テーマ:住宅

壁面本棚のあるリビング [ハコノオウチ11・O-Factory]

27house_in_yagiri_26.jpg
壁面の本棚はお施主様のリクエストによるものです。
マンガの単行本を沢山お持ちとの事で、ここに収納します。

25IMG_5920-2.jpg
こちら反対側から。
正方形の小さな窓は外観にあった玄関上の窓です。
道路の様子を見下ろせる位置で、家事をしながら、玄関付近の様子を見守れます。

また、遠方の緑地が見えるのですが、外観からプライベートさを感じないようにあえて小さくしています。


石川淳建築設計事務所
nice!(33) 
共通テーマ:住宅

造作のダイニングテーブル [ハコノオウチ11・O-Factory]

26IMG_1608-2.jpg

キッチン横につらなるダイニングテーブルです。

大工工事による造作で作ってもらい、塗装屋さんに塗ってもらう作り方です。

4人家族ですので、4人がけですが、短手にも1人座れるように「足」の板の真ん中を四角くくり抜いています。

ちなみに床は黒のビニル床タイルでリビングの白い床と貼り分けです。

石川淳建築設計事務所
nice!(27) 
共通テーマ:住宅

キッチン奥行き850mm [ハコノオウチ11・O-Factory]

24house_in_yagiri_25.jpg
ステンレスのキッチン天板はワイド2550mm、奥行きは850mmで、カウンターとして使える物を選んでいます。

先日お引越後のご自宅へおじゃましましたが、忙しい朝は、このカウンターで立食で済ませる事も多いそうです。

作業面は広い方が何かと便利です。

石川淳建築設計事務所
nice!(31) 
共通テーマ:住宅

ハコノオウチが2つの本に掲載 [雑誌・メディア掲載]

ineriorSTYLE0201705 のコピー.jpg
今週は雑誌掲載のおしらせから。

ハコノオウチ01がエクスナレッジの2つの雑誌に掲載されています。
こちらは「大人スタイルのインテリア」



STYLEBET20170400 のコピー.jpg
こちらは「スタイル別にわかるインテリアの基本」

2つのムック本にハコノオウチ01のスキップフロアのリビングが掲載されています。

書店で是非。

石川淳建築設計事務所
nice!(29) 
共通テーマ:住宅

オランダ建築旅行最終回 [オランダ建築旅行]

IMG_6045.JPG
オランダ建築旅行の様子を週末ブログにアップしてきいましたが、最終回です。

写真はユトレヒトにあるお菓子屋さんで買った素朴なビスケット。

これは、ミッフィーの作者ディック・ブルーナさんの好物だそうで、いつも買いにお店にいらしていたそうです。

旅行時は2016年春でしたので、ディック・ブルーナさんはまだご存命だったはずです。
2017年(今年)の2月に89歳で亡くなられたとのことです。

ミッフィー=ナインンチェプラウス=うさこちゃん
の明解な色彩と輪郭はオランダの抽象美術運動「デ・ステイル」の影響を受けているということを改めて確認できました。子供の頃から知っているミッフィと、建築に興味を持った頃からファンだったシュレーダー邸の色彩がつながることをいまさらながら再認識した旅でした。

IMG_5231 のコピー.JPG
こちらははユトレヒト市内の象です。
ディック・ブルーナさんの次男さんが製作したそうです。(ウィキペディアより)

さて、つぎは何処に建築を見る旅にでるか・・・





nice!(33) 
共通テーマ:住宅