So-net無料ブログ作成

東の付属棟 鎌倉近代美術館 [旅行]

IMG_3757.JPG
2016年1月に閉館した神奈川県立鎌倉近代美術館鎌倉館の様子、最後です。
鶴岡八幡宮の西側の道路に面した美術館正面のプレートです。

IMG_3633-2.jpg
こちらは東側の建物側面。
大谷石の壁にH鋼の柱がはまっています。

IMG_3656-2.jpg
さて、こちらはあまり語られませんが、東側にある付属棟です。
資料にもあまり記載が無いですが、坂倉事務所設計によるもので1966年に完成しているようです。

IMG_3760.JPG
こちらの建物もなかなか素敵です。

白井晟一氏の自邸(1960〜1970年)に面影が似ているような印象を個人的には持ちます。
また、仕上げは村野藤吾氏の谷村美術館(1987年)と重なった印象ですが、こちらがはるかに先輩。
いずれにしても、本館とはだいぶ違った印象です。

IMG_1340.JPG
こちらは公式の本「空間を生きた。」に掲載の配置図。
正方形が本館で、左が付属棟、上が別館の増築棟です。

IMG_3758.JPG
ということで、鎌倉近代美術館鎌倉館の閉館前の様子でした。
本館の取り壊しはアナウンスされていませんが、是非保存してほしい建物です。


nice!(33) 
共通テーマ:住宅

nice! 33