So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

玄関スチール框ドア [オウチ36・ミニの家]

03_5558.JPG
オウチ36 玄関へ入ります。

ドアはスチールの製作物。

框ドアには網入り曇りガラスを入れて、ドアから玄関に採光をとる方式で玄関を明るくしています。

枠と壁片面を黒く仕上げ、床のモルタル土間も黒系の塗装仕上げにしています。


※明日はオランダ建築旅行の記事をUPします

石川淳建築設計事務所
nice!(22) 
共通テーマ:住宅

ショックメンテしてCR-Xで現場みまわり [CR-XかS660で現場へ行こう]

IMG_6501-3.jpg
CR-Xが1ヶ月車検入院していたのですが、無事退院。
オーリンズのショックアブソーバー4本をメンテナンスしたり、バッテリー交換、ドライブシャフトのブーツ交換などを経て工場から出て来ました。

クルマも建築もメンテナンスが重要です。

で、早速現場へ見回りに。
nice!(24) 
共通テーマ:住宅

ユトレヒトの傾いた街並み [オランダ建築旅行]

IMG_4281.JPG
ユトレヒトの市街地のファサードです。

運河沿いにペンシルビルがびっしりと建っていて、みな隣と接しています。
さらに古い建物は概ね傾いていて、お互いに寄りかかっているようです。

日本だったら使用禁止になりそうな傾きですが、オランダではほぼ地震がないそうなので、問題はないのでしょう。

もしかして、松の木杭の上に建っているのかも・・・・

IMG_4280.JPG
ユトレヒトの代表的な街並みです。
意外と水位が低いように見えますが、水門で閉めて水をくみ出し水位を調整して保っている訳です。

IMG_4277.JPG
自然災害は日本よりは圧倒的に少ないと想像しますが、国土を水没させないために常に水をくみ出し、堤防を維持管理するオランダ人の持久力には敬服します。




nice!(28) 
共通テーマ:住宅

玄関前・植栽・窓 [オウチ36・ミニの家]

02house_in_chihaya_02.jpg
今日も金曜日。明日は夏休み最後の週末ですね。

オウチ36竣工写真です。
窓ですが、最近は準防火地域で使う防火サッシュのガラスは有無を言わさずLO-Eガラスなのでガラス面が黒く反射しています。
ガラスが透けた透明感のある外観はこれからの日本では減って行くのでしょう。

また、大きさも防火サッシュの製作限界が小さいし、品揃えも極端に少ないので、外観のデザインは一苦労です。

さて、
玄関は建物を彫り込んだ位置にドアを設けてポーチとしています。
庇を出すと道路斜線の後退緩和にひっかかるためでもあり、右奧の黒の塀の内側に自転車を置くのに凹んでいた方が好都合というのもあります。


02house_in_chihaya_03.jpg
玄関前には お施主様の発案で「株立ち」の木を植えてあります。

玄関前にはちょっとした木があると建物も引き立って良いのですが、予算も限られることが多いのでなかなか植えられないです。

今回はお施主様から木のご希望を頂き、植えることができました。
やはり緑があるとほっとしますね。


石川淳建築設計事務所
nice!(28) 
共通テーマ:住宅

ミッフィ信号@ユトレヒト [オランダ建築旅行]

IMG_1248.JPG
今日はオランダ建築旅行ネタです。

ユトレヒトの駅近の交差点。
有名なミッフィ・英名(ナインチェ・オランダ名)(うさこちゃん・日本名)の歩行者信号です。

オランダでこの信号だけとか。
ガイド本にも出ている有名な信号ですが、偶然発見しました。
ユトレヒト4泊の成果です!


IMG_5287 2.JPG

IMG_5289.JPG

※明日はオウチ36の記事をUPします
nice!(29) 
共通テーマ:住宅

切妻屋根2つ組み合わせのオウチデザイン [オウチ36・ミニの家]

02house_in_chihaya_05.jpg

屋根の形は2つの切妻屋根を組み合わせた形です。

提案1案目では、ハコ型のデザインにしてお見せしたのですが、「オウチ型の三角屋根にしてほしい」とのリクエストを頂き、今の形に変更しました。

もとのハコのデザインは高さ制限が建物裏側と、写真の奧側からかかることから屋根は二辺が斜めに削られていました。

オウチ型に変更した事で、二つの切妻を二つ組み合わせて高さ制限を逃げることを思いつきました。

シンプルな「イエ」のデザインに「ミニ」のシンプルなデザインが加わって風景を作っています。

※明日はオランダ建築旅行の記事をUPします

石川淳建築設計事務所
nice!(28) 
共通テーマ:住宅

イムケルス公園 [オランダ建築旅行]

IMG_4335.JPG
アルミニウム・フォレストの帰りは徒歩で20分ほど歩いてハウデン駅へ帰ります。
池なのか運河なのか、水路にそって緑地帯がつながっています。

IMG_4336.JPG
廻りには2〜3階建て程度の家々が広がっていますが、田園風景にのびのびと住宅地が作られていて、お世辞抜きにすばらしい住環境です。

「世界は神が作ったがオランダはオランダ人が作った」と言うそうですが、脱帽と言うほか無いと思いました。

池のまわりには結構大きな野鳥が歩いていて、横を自転車で通勤の住民が高速で通り過ぎてゆきます。

IMG_5278.JPG
こんなに素敵な住宅地は日本ではまずお目にかかれないでしょう。
環境・国が違うので一概に比べられませんが、とにかく感激しました。

IMG_3823.JPG
ということで地図の緑の帯を左から右へハウデン駅に向かって歩いて帰りました。

※明日はオウチ36の記事をUPします

nice!(25) 
共通テーマ:住宅

ミニの似合う三角屋根の家 [オウチ36・ミニの家]

01house_in_chihaya_01.jpg
久しぶりに石川淳建築設計事務所で設計した住宅の完成写真をおおくりします。

消費税が8%になった年に設計のご依頼が減ってしまい、その時の竣工作品数が減りました。
そのため今年ブログにアップする新作品が5月からしばらく途絶えていましたが、やっと新作品の写真がまとまりました。

設計開始が2015年の4月ごろで完成が2016年6月。
ご家族3人のための住宅で、綺麗にレストアされたオースチン・ローバー・ミニを置くスペースが取られています。

しばらくはこの作品UPとオランダ建築旅行を交互にUPさせていただきます。


02_5611-2 のコピー.JPG
こちらは先日先にUPした撮影時の様子。
写真家は小川重雄氏です。
nice!(23) 
共通テーマ:住宅

アルミニウミ・フォレスト 竹林のよう [オランダ建築旅行]

IMG_5267 2.JPG
建物前に来ました。

IMG_4325.JPG
真ん中にアプローチがありました。

IMG_4326.JPG
階段もアルミなのか?ディテールから見るとスチールのように見えますがそこは見ただけではわかりませんでした。

IMG_4327.JPG

IMG_4328.JPG
竹林にいるような景色です。
ネットで読んだ記事によると強風の時は建物が「しなって」応力を逃がすようになっているそうです。

IMG_4331.JPG
美しくて、見応えありました。
来て見て正解。
nice!(25) 
共通テーマ:住宅

アルミニウミ・フォレスト [オランダ建築旅行]

IMG_4318.JPG
バス亭を下りて歩いて行くと、池の向こうに見えてきます。

IMG_4320.JPG
手入れされた芝生と池の際に立っていました。

設計はミカ・デ・ハース氏 2001年竣工
作品名はAluminium Forestです。

全然違いますが、師匠の早川邦彦氏の「フォレスト」という軽井沢の作品を名前繫がりで思い出しながら見ました。

アルミニウムを使った実験的な建築を作るコンペで誕生したそうです。

細長い複数の足の上に不安定そうにボリュームが乗っている形状ですが、この部分だけ見ると1991年のレム・コールハースのダラヴァ邸を思い出さずにはいられません。
また、この不安定な感じをミニチュアにしたデザインは90年終わりから2000年初めごろ日本でも引用されていましたね。

それは、そうとして。
とても綺麗で、美しいです。
この時は朝ですが、夜景で水面に建物が反射した写真をネットでよく拝見しますが、それがすばらしく美しいです。

IMG_3823.JPG
さて、これが手製の地図帳。
ハウデン駅が右上の赤印でそこから47番バスに乗り、左の池の畔のバス亭で下りて歩きました。

ベストショットを取れる位置はこの自動車専用道路からなのですが、歩行で行くのが危険そうなのであきらめました。






nice!(25) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -